2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« つい衝動買いするの巻。(後編) | トップページ | すみません、訂正します。 »

2007/09/10

強度の不安。

雑誌を見ていて、なんとなーく気になったのです。

新しいSTD 60台は、全車種「新型エンジン」らしいとの情報。

多分、パンサーから VIGOR (または精工研)に積み変わっているということでしょう。

ってことは、お互いの「若干のホイール・ベースの違い」は、どう処理しているのかなぁと疑問になり。

新STD 50番 インプ WRX を買ってみました。

旧 パンサーエンジン搭載車と比べてみると...

きっちり収まっていますね。不思議だなぁと思いつつ、シャーシを確認してみました。

あれれ、驚愕の事実を発見。(驚)

エンジン止め部分のツメが薄く加工されています...

まぁ、普通はエンジン載せ換えることは無いですからね。

でも、強度的に大丈夫なのかなー

« つい衝動買いするの巻。(後編) | トップページ | すみません、訂正します。 »

コメント

>すみや さん

個人的な感想ですが...
ツメが薄くなっただけで、何も良いことはないと感じています。(酷)

衝突による破損で、エンジンも取れやすくなる可能性があるものと思われます。

なんとこんなマイナーチェンジが行われていたとは!
爪が長くなったので上からの押さえに強くなり
エンジンが外れにくくなるかな?

>Aさん

実物を見ると、金型とも言いがたいレベルですよ。f(^^;
いかにも加工しました...って感じです。
機会があったら確認してみてください。

まさか金型改修されていたとは!
ホントにビックリですね (^^;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« つい衝動買いするの巻。(後編) | トップページ | すみません、訂正します。 »