2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« マッスルカーもどく。 | トップページ | エリシオン・タイプD みたいな。(その2) »

2007/03/05

エリシオン・タイプD みたいな。

いつもは、普通のバネを倍巻く方式でパワーアップしています。

しかし、構想12年...くらい?(笑)

「他のプルバックカーから移植できないものか」と、パンサーエンジンを改造して楽しむ人々なら誰でも考える方法にトライしてみました。

ドライブタウンの幅広バネを流用です。

幅は約2倍くらい。当然、そのままではエンジンケースに収まりません。

なので、パンサーエンジンのケースを横に拡張!(画像左側)

後は干渉する部分を切削、瞬間接着剤でくっつけます。

そして、頑張って...バネと格闘すること15分間。

そこまで作って、メインのギヤが入らない&ツメが割れることが判明。

まぁ、ノリで改造するタイプの人間なので、いつもノープランです。(笑)

ひとまず、強度不安はあるものの、ツメ代用部分を小ネジでギヤに接着。(画像左側)

メインギヤのセンターに1.5mmのドリルで貫通穴を加工しました。

その2に続きます...

« マッスルカーもどく。 | トップページ | エリシオン・タイプD みたいな。(その2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マッスルカーもどく。 | トップページ | エリシオン・タイプD みたいな。(その2) »